技術書典16でChatGPT本を出します!(ここをクリック)

ライフログに挫折したけど続けたい

この記事には企業のプロモーション広告(アフィリエイト)が貼ってあります

こんにちは、相戸ゆづなです!

私はライフログを一年間記録してきました。

しかし、毎日記録し続けたというわけではなく、何度も挫折することがありました。

今回は私の失敗談を元に、失敗する原因と続けることを書いていきたいと思います。

目次

ライフログを数日続けては挫折する

だいたい1週間から10日ぐらい記録して、しばらく放置するパターンが多かったです。

そのパターンを10回ぐらい続け、累計で100日から120日くらい書きました。

しかも、ライフログをすべて記録していなくて、日によって書く項目にムラがありました。

全部の記録を書いた日、日記だけの日、タスクだけを書いた日……などなど。

すべての記録を書いた日は、多分1/3以下だと思います。

なぜライフログを挫折したのか?

結論から言うと、以下の二点が挙げられます。

  • 完璧主義すぎた
  • 何のためにデータをつけているのか把握してない

結局「なぜつけているか考えないで大量のログをつけていたから、自分の負担になっていた」だけでした。

ライフログと完璧主義

私の場合、空白ページがあると嫌になる習性があります。

  • 自分手帳やほぼ日手帳など「毎日ページが決まっているもの」
  • ObsidianやLogseqなど「毎日自動でページが作れるもの」

これらのシステムで1日でも書かなかった日があると、すごく萎えてしまうんですよね。

「なんでこの日は書かなかったんだろう」

「また最初からやり直し」

「なんで毎日記録することができないんだろう」

と自分を責めてしまった結果、やる気をなくして次の記録も書かなくなる悪循環に陥ってました。

未達成タスクも萎える

これも完璧主義の弊害の1つで、未達成タスクがあると萎えてしまいます。

あるタスクを次の日に回し、それ以降ももそのタスクが残っている。

この状態がすっごい嫌で「また私やらなかった」と責めてしまうんですよね。

また、調子いい日を基準に考えてしまうので、「前は7個タスクを消化できたのに、今日は3つしかできなかった」と考える日もありました。

(もっとも、私の場合は調子いい日を警戒すべきことに気づきましたけど。そこからメンタルが崩れやすい……)

細かく記録をつけすぎる

ライフログというと、たくさんのデータを取って振り返ろうとしてしまいがちです。

私の場合は以下のようなものを取ろうとしていました。

  • その日のタスク
  • いいこと日記
  • 体重・気分・睡眠時間
  • タイムスケジュール

これらをすべて記録し、時にはグラフ化して可視化を行いました。

でもこれ、私にとってすごく負担で、挫折する原因にもなりました。

なんのためにデータを付けているのかわからない

結局、何のためにデータをつけているかわからないからこそ、闇雲に記録を付けてしまいます。

細かく記録しすぎて疲れる・記録を付けるわりには見返さない、それってすごくもったいないことですよね?

私の場合、見返した記録が「最後にいつこの行動をしたか?」というものだけでした。

最後に私室を掃除した日・化粧品を買った日……、このデータだけが必要だったのです。

その他の細かい記録は、ただのノイズとして手帳に残っています。

それってすごくもったいないですよね?(2回目)

ライフログを続けたい人へ

ということで本題です。

挫折した私から、ライフログを続けたい人へのコツを紹介したいと思います。

何のためにライフログをつけるのか明確にする

目的を明確にした上で、自分が何の情報を欲しいのか考えてみることです。

ライフログは大まかに分けて下記の3つの分類があり、どれが一番重視しているかを考えます。

  1. 事実
  2. 感情
  3. 評価・改善

1.事実

  • 自分がやったこと(タスク・スケジュール)
  • その日に起きたこと
  • 天気
  • 体重

その日に起きた事実を、自分の感情や思い出を乗せず、淡々と記録します。

2.感情

その日に感じたこと、思い出を振り返ります。いわゆる日記です。

3.評価・改善

事実や感情を振り返った上で、これからどうするかを考えていきます。

3種類の中で、自分はどこまで欲しているのか?

この3つの中で、自分がどこまで求めているかを考えます。

私はその日行ったタスクという名の事実だけを欲する人間でした。

逆に日記はまったく振り返らない人間=記録しても意味がないことが、記録を取ることで発見しました。

このように何度か試してみて、自分に最適化したライフログを構築して行くことです。

「自分のする情報を最低限記録する」気持ちでやっていかないと、とてもじゃないけど続きません。

ほかの人の細かい・綺麗なライフログと比べなくていいのです。

自分の欲しい情報だけ、的確に記録して行きましょう。

余談

現在のライフログはMastodonで壁打ち+notestockで行っています。

もし興味がある方がいましたら、下記記事を読んでいただけると幸いです!

参考書籍

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次