【西洋占星術】三区分と四元素を押さえる

西洋占星術で真っ先に押さえた方がいいと、(個人的に思っている)三区分と四元素。今日は自分の備忘録兼ねてブログ記事に掲載したいと思います。

西洋占星術の大まかな学習法をまだ把握してない人は、下記の記事も一緒にチェックしていただけると幸いです!

目次

三区分

  • 活動宮:行動的、物事の判断が早い
  • 不動宮:頑固、安定。物事を維持・安定させて持続
  • 柔軟宮:柔軟に対応。人に合わせて行動や考えを変える

「活動で物事が進み、不動で定着、その後状況が柔軟に変化する」といった形。季節で覚えるとわかりやすいかも。季節の始まり→真っ盛り→季節の変わり目といった感じ。

四元素

  • 火:直観・上昇志向(↑)
  • 土:現実・物質志向(↓)
  • 風:情報・流通志向(← →)
  • 水:共感・同調志向(→←)

これは物質のイメージとリンクしているのでわかりやすいかな?矢印は物事の流れを示しています。矢印の方向に流れていく感じ。火は上に土は下、風は離れて水はくっつく。

一覧表

星座三区分四元素
牡羊座活動宮
牡牛座不動宮
双子座柔軟宮
蟹座活動宮
獅子座不動宮
乙女座柔軟宮
天秤座活動宮
蠍座不動宮
射手座柔軟宮
山羊座活動宮
水瓶座不動宮
魚座柔軟宮
12星座別の区分・元素表

三区分は「活動→不動→柔軟」の順番で、四元素は「火→土→風→水」の順番法則を踏まえたうえで、どの星座がどこに来るか覚えておきましょう。三区分・四元素を覚えたうえで12星座の特徴を調べるとすんなり腑に落ちるので、先に暗記しておきましょう。

偏りを調べる

ホロスコープを出した際に、惑星の星座がどの三区分・四元素に位置するか調べることで、大まかな性格を把握することができます。偏りが多い=その区分・元素の傾向が出てると推測できます。

ホロスコープ作成ソフトによっては、自動でカウントしてくれるものもあるので、ありがたく使いましょう。ただし、カウントする惑星が固定されていたり、点数制になっていたり、比率になっているなど、カウント方法がバラバラです。

  • 土星までだよ派
  • 冥王星までの10惑星までだよ派
  • 10惑星+ASC+MCまでだよ派

といった感じなこともあるので、一度確認してみてください。

例題

1989/12/01 20:24 静岡県の場合

私のホロスコープです。割と偏っています。今回は「10惑星+ASC+MC」でカウントします。

このホロスコープでは「三区分:活動7・不動3・柔軟宮2、四元素は火:4・土5・風0・水3」となっており、三区分は活動が、四元素は土と火が強めです。ノリと勢いでダーッと行きそうな感じですね!!!(火と活動)

最後に

三区分・四元素は暗記なところがありますが、ここを暗記してしまえば12星座のイメージがぐっと連想しやすくなります。大まかに占えるようになりますので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次