ひとり鯖缶だからこそ、鯖缶仲間を作っておこう

Q. なんで鯖缶仲間を作ったほうがいいの?
A. メンテナンスのトラブルで詰みにくくなるから

目次

ひとり鯖缶が抱える問題

とくに初心者鯖缶が陥りやすいのが、「メンテナンスどうすればいいの問題」だと思っています。

最近はひとり鯖の盛り上がりと、アドベントカレンダーのお陰でメンテ記事は少しずつ増えてるものの、それでもメンテナンス記事が少ない傾向があります。

とりあえず体系的にまとまっているのはこのくらいでしょうか。

他にあったら教えてもらえると助かります。

ちなみに体感的には「Mastodon>Misskey>その他マイナーSNS」の順で情報と有識者がいるイメージ。

とくにMastodonは2017年からいる歴戦の猛者が多いため、記事も充実してる(そのかわり難解でもある)印象。

それでもネットの情報だけでは限界があり、結局は自力でやらないといけないときがあります。

鯖缶仲間とつながることで、情報が得られる

ほかの初心者鯖缶が「エラー出た!助けて!」って言ってエラー文を投稿すると、それを見た有識者が助けてくれることがあります。

また、ほかの鯖缶が自分のエラー投稿を拡散してくれ、有識者たちが(以下略)

(ただメンテ中は自鯖が使えない時があるので、Fedibirdあたりに避難用垢作ることを推奨します)

また、Fediverse界隈のトラブル・トレンド・動向を知ることができるのも大きいです。

とくに某io鯖とその開発陣の動向を知るのは結構大事。

Fediverseの影響力が強いのと、Misskey本体の破壊的仕様変更を繰り返すため、弱小のサーバーである私たちも影響食らうことが多々あります。

Fediverseでこういう問題があり、それで仕様を変更。

その情報を知らない状態でアップデートしたら、今までの機能が使えなくなった……とか普通にあります。

それ差っ引いても気まぐれに仕様変更するから大変なんだけどね

鯖缶仲間がいるだけ・情報を得るだけでひとり鯖の寿命が延びる

情報の有無でかなり変わってくるのが鯖缶界隈。

ネットに情報が落ちてないからこそ、ネット以外のところから情報を拾ってくるスキルが大事になります。

(もしくは自力でエラー文を調べるスキルや根気)

私の体感上、ひとり鯖缶が挫折する最初の壁は「3か月~半年」だと感じています。

  • メンテナンスの方法がわからない
  • メンテナンス中にエラーが出て対処ができない
  • VPSやオブジェクトストレージの選択を間違えて、対処できなくなった(とくにストレージ)
  • サーバー維持費用が思いのほか高かった

というのが大半だし、実際私もひとり鯖を閉めようか迷った時期もありました。

ひとり鯖を実際ひとり鯖を立てる前から情報戦が始まってて、鯖設置時に選択を間違えるだけでも致命傷になりかねません。

ネットの情報はアフィリエイトまみれだし、「実際に運用して半年以上たった人の知見」じゃないのが大半。

そのため、それを鵜呑みに鯖を立てると痛い目を見る可能性が高いのがひとり鯖の怖いところなのです。

そうはいっても、鯖缶との交流がこわい

周りの人と交流が面倒だからひとり鯖立てたんだけど

それはそう。

ただ、それは他のひとり鯖缶も同じだったりします。

普通の人たちに比べて、関係がさっぱりしてて、好き勝手に騒いでる人が多い人が多いです。

まあ普通のアカウント運用で満足できないからこそ、ひとり鯖を立てるような自由奔放な連中だし

そのため、フォロバとかは気まぐれだし、フォローが切れても「まあしゃーない」で終わる人が多い印象。

なので、そこまで気負わずにフォローしてもいいと思います。

そもそも、みんなと仲良くなる必要ないし、仲良くなる・興味がある度合いも濃淡がある

私個人としては、「フォローした人とみんな仲良し!」っていうのは違うと思っていて、だからこそフォロバ・ミュブロ云々で揉めるのは面倒だなと思うようになってます。

私も70人ほどフォローしていますが、全員と仲良しではなく、交流にグラデーションがあります。

なので「そんなにしっかり交流しようと思わなくてもいいんじゃね?」というのが私の持論。

それにフォローしない人でも興味がある人って意外といて、

  • フォローするとしんどい・うるさいけど、たまにブーストを眺める分にはおもしろい人
  • 普段の投稿は興味ないけど、鯖缶情報は気になる人

みたいな人、結構いると思います。

だから、深刻にフォロー!フォロバ!とか考えずに、気軽にフォロー(購読)して適度な距離感を模索してけばいいと思います。

ひとり鯖缶は、ひとりじゃ難しい

ひとり鯖は自由で楽しいけど、その分しんどさもあります。

とくにメンテナンスはずっと付きまとう問題で大変です。

だからこそ、鯖缶仲間を増やして少しでも楽しい・苦にならないひとり鯖ライフにしていきましょうね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

目次