月額運営予算の視点から見る、おひとり様サーバーのはなし

Q. おひとり様サーバーって月いくらくらいかかるの?
A. SNS・VPSサーバー・メンテの手間・アカウントの運用方針でかなり変わる

と言いつつも、大まかな予算・運用感は掴めるので一応記しておきます。

目次

前提

  • VPS
  • Mastodon・Misskey・Firefish

考慮してないもの

  • 自作サーバー
  • メールサーバー
  • クラウド
  • Akkoma・PleromaなどのマイナーSNS
  • ドメイン代(話がややこしくなるため)

月1,000円以下

Hostdon

Hostdon Mastodonのホスティングサービス

  • SNS:Mastodon
  • 料金:550円~/月
  • 難易度:初心者向け

初心者はこれ一択、Misskey・Firefishじゃないと嫌だ!って人以外はこれ選んでおきましょう。

余計な知識は不要(自分のドメインに紐づけするときにちょっと知識が必要なくらい)で、メンテナンスはすべて業者任せ。

オプション(162/月)でElasticsearch(検索機能)をつけることができます。

これを自鯖でつける場合、スペックを上げたり、メンテナンスする手間がでてきます。

ぶっちゃけ月額162円でこれは破格。

日本リージョン+Elasticsearchでも1,000円/月切るんですよ!!!

後述しますが、これと同じ環境を構築する場合、最低でも1,700円/月は掛かります。

鯖缶をやってて思いますよ。「Hostdon……安すぎ……」と。

格安VPSの2GBプラン

  • SNS:Mastodon・Firefish
  • 料金:830円~/月(Xserver VPS 36か月プラン)
  • 難易度:上級者向け

安さで選ぶと痛い目を見るシリーズ。

  • root封じ・公開鍵・ポート変更などを手動でやる必要がある(失敗しやすい)
  • ストレージ(SSD)が少ない
  • 検索機能を付ける余裕がない(Mastodon+Elasticsearch)

一応Kagoyaの大容量プランを選べばストレージ問題は解決しますが、上記の設定項目や・スナップショットが不安定といった問題もあるので、大っぴらには勧めづらい状況。

この価格でも動かせますが、下記の知識やメンテナンスが必要になってきます。

  • swapの知識
  • サーバーの再起動
  • 連合のメディアキャッシュを定期的に削除orオブジェクトストレージ

そのため、初心者が安さに釣られて選ぶのはおススメしません。

月2,000円以下

さくら・Conohaの2GBプラン

  • SNS:Mastodon・Firefish
  • 料金:1,594円~/月(さくらのVPS 1年払い)
  • 難易度:中級者向け

root封じ・公開鍵・ポート変更などがサーバー側でできるようになる(さくら)など、サポートが手厚くなります。

さくら・Conoha共にSSDが100GBあり、1,000円以下のVPSよりストレージ不足問題は起こりにくくなっています。

ただし、メモリが2GBなので、Mastodonの検索機能はあきらめたほうがよさげ。

また、古くからあるVPS業者のため、先人のブログに挙げられることが多いのも特徴です。

自分で調べてやってみるぜ!って人なら、このプランでもありだと思います。

格安VPSの4GBプラン

  • SNS:Mastodon・Misskey・Firefish
  • 料金:1,700円~/月(Xserver VPS 36か月プラン)・Kagoyaスタンダード(80GB)1,650円/月
  • 難易度:中級者向け

このくらいあると、検索機能を付けても余裕がある運用になります。

ただし、root封じ・公開鍵・ポート変更などは自分でやる必要があるため注意が必要です。

月3,000円以上

さくら・Conohaの4GBプラン

  • SNS:Mastodon・Misskey・Firefish
  • 難易度:初~中級者向け
  • 料金:3,227円~/月(さくらのVPS 1年払い)

サポートの手厚さや情報の多さは2GBプランで説明した通り。

初心者が迷ったら、お金払って安心を買おうねのスタイルです。

ただこのあたりになってくると「1人でこれだけお金を払うのは……」となるのが微妙なところで、事実私もなりました。

その他オプション盛り

テストサーバーを作ったり、オブジェクトストレージを利用していくともっとお金が掛かります。

ただお金をかけるとセキュリティの向上・冗長性の確保・なんかあった時のメンタルや知識の保険になるので、財布と己の知識と相談しましょう。

結局どうすればいいのさ

  1. お金かけたくない・知識をつける余裕がない!→Hostdon一択
  2. お金かけても大丈夫・知識を身に着ける余裕がある→予算3,000円以上見積もってさくらorConoha

2,000円以下に抑えたい場合、知識を身に着けた後にした方がよさげな印象。

余談:もう少し安くできるやろ?

多分あなたは上級者です。

たぶんその方法は初心者にその方法は無理・ハードルが高いし、このブログ記事を書いてる私ですらできないと思います。

なので、多少お金払ってでもサポートの手厚さを取りました。

最後に

Hostdonが格安過ぎ。

どうしてもこのSNSを使いたい!って希望がない限りはこれ一択でいい気がしますね……。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次