Fediverse初心者鯖缶やらかし集

Q. お前アホだろ
A. 笑えばいいと思うよ

ということでFirefish鯖缶歴半年、一人鯖缶歴8か月目を記念して書いていこうと思います。

目次

1:どこのVPS借りればいいかわからん問題

1st:Xserver VPS

初見殺し過ぎると思います、とくにXserver VPSはよぉ!!!

FediverseでよくXserver VPSが勧められてるのは大体アフィリエイトのおかげです。

ひとり鯖はメモリ2GBプランがおススメに釣られる→50GBのストレージ\(^o^)/はお約束です。

実際Xserver VPSだかほかVPSでこれをやらかして、泣く泣くサーバーを閉めた鯖缶さんもいました。

結論:おとなしくストレージ100GB以上のプランもしくはオブジェクトストレージを使え

2nd:Contabo

知り合いの鯖缶に勧められて契約したはいいが、安いけど英語で読めないわからない。

ついでにSSHやユーザー設定も手動なので、後述の設定ミスで何度もリセットを繰り返しました。

知識はついたとはいえ、数日時間をムダにしたのでおとなしく親切な日本のサーバーを使いましょう。

結論:おとなしくさくらを使え

2:VPSの設定ミスで何度も締め出される

  • ポート封じ
  • root封じ
  • 公開鍵設定

この辺の設定を間違えて何度も締め出しを食らいました。

結論:おとなしくさくらを使え

root封じと公開鍵はVPS契約(初期化)時に設定され、ポート封じはコントロールパネル側でできます。(設定ミスしてもブラウザで入れる)

3:ラスボスLet’s encrypt&Nginx

正直ソフトウェアのインストールよりもこっちで苦戦しました。

DNSが切り替わってないときにインストールしてエラーはいたりなどなど。

「Nginxの設定をどこ修正したかわからなくなる→再インストール→証明書取得制限に引っかかる」これを何回も繰り返したことか……。

そして、証明書再利用できることに気づいてインストールしたものの、今度はNginxの設定がわからん罠も発生するなど。

Firefishインストールスクリプトで証明書のインストールすると、Nginxの設定ファイルで443ポートの設定がなくなるのも地味に罠でした。

Ngnixの初期設定ファイルばかりいじって、「設定できねー」ってフォロワーに泣きついた思い出。

結論:大人しくマニュアル読め

4:ひとり鯖終活問題

爆破の仕方がわからん問題。

2月ごろに建てたMastodonサーバーの終活を行わず、そのままVPS側のサーバーを爆破しました。

ドメインはそのまま今のサーバーで使いまわしてるため、新たな問題が出てきてしまう……。

結論:ドメインは使いまわさずにおとなしく410出して終活しようね

5:アカウントかぶり問題

フォロー周りで支障出るんだよ!!!(出た)

ついでにnotestockも登録したのですが、過去の投稿が検索できない問題に遭遇、原因はアカウント重複による検索トラブルでした。

おささんに泣きついて解決してもらいました、ごめんなさい……。

結論:ドメイン使いまわすな

6:VPSお引越し時に旧サーバーを落とすの忘れてた

旧サーバーのDBバックアップよし!DNSヨシ!新サーバーにインストール・DB復旧ヨシ!あれれ~、動かないぞー!

結論:旧サーバーのプロセス(systemctl)落とすの忘れてました。(アホ)

こいつのおかげで数時間時間をつぶしてました。

多分まだあるかもしれない、あったら追記します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次